上肢機能障害

上肢機能障害は後遺障害の1つです。交通事故によって上肢に障害が残ってしまうのです。上肢というのは肩関節や肘関節、手関節といった3大関節と手指の部分のことです。ただし、交通事故における後遺障害の認定等級においては、上肢の範囲は手指を含まないものとされています。これらに障害が残ってしまうと後遺障害として認めてもらえるのです。

上肢機能障害上肢機能障害の1つとして欠損障害というものがあります。こちらは身体の一部分がなくなってしまうというものです。たとえば腕が全部なくなってしまったり、一部が切断されてしまった場合です。どの部分がどのくらい欠損しているかによって、認定の際の等級は変わります。

機能障害というものもあります。こちらは用を廃してしまったものや著しく障害が残ってしまったもの、機能に障害を残すものという3段階があります。腕そのものは残っているのですが、機能に障害が出ているのです。著しい障害というのは可動域が狭くなっている状態のことであり、機能に障害を残すものは可動域は広くて症状は比較的軽いです。

さらに変形障害というものもあります。こちらは骨折をしてしまい上手く骨が癒着しなかったために関節とは違う部分が曲がってしまうことです。これによって障害が残ってしまいます。


◆参照◆
上肢機能障害とは

Pocket